医学部予備校に通う必要性について私が思うこと

私は、影でかなり努力をするタイプでした

私は、医学部を目指している人は絶対に予備校 にいくべきだと思っています。医学部専門の予備校にいったら、合格できる勉強方法も教えてもらえますし、無駄な勉強をすることもなくなります。私はそれを身をもって経験しました。私は、小学校の頃からクラスでもかなり優秀なほうでした。でも、それはもって生まれた天才ということではなく、自宅で誰にも気がつかれないようにかなり努力をしていました。もちろん学校では、自宅で猛勉強をしていることは隠していました。私は、影でかなり努力をするタイプでした。そのため、学校でもトップクラスの成績をとることができていたのです。そのため、医学部を受験する場合も、自宅で今まで通り勉強をしていれば簡単に合格できると思っていました。しかし、現役のときは受験に失敗してしまいました。今までと同じように、自宅で必死に勉強をしていたのですが、不合格だったのです。さすがにショックでした。

医学部 予備校
横浜エースメディカル

大学の医学部合格者がとてもたくさん出ているところで

なんで不合格なのかわからなくて、間違いかと思ったくらいです。そんなときに、予備校にいっている友達は合格したことがわかりました。もう私も通うしかないと思ったので、すぐに予備校に申し込みをして入りました。そこは私が行きたいと思っている大学の医学部合格者がとてもたくさん出ているところでした。そこでの勉強方法は、とにかく過去問を必死で解くものでした。過去問の中でも特に重要だと思われる問題は、できるようになるまで徹底的にやらされました。毎日ミニテストも行われて、わからない部分とか間違えた問題は、徹底的に理解するまで教えてもらえました。

つぎのページ⇒予備校に通う事で今まで無駄な勉強をしていたことが多かった

ホーム